Dynamics 365のブログ

初めてのDynamics 365で売上アップできるシステムを導入するまでの使い方まとめ

このページではダイナミクスの知識が全くない初心者の方でも、Dynamics 365のライセンスの選び方から、使い方まで理解して、顧客との関係を全社一貫で築き、顧客満足や、収益を改善する方法のすべてを説明します。

上級者は各セクションの中で「もっと見る」をクリックしてください

STEP.01

Dynamics 365とは何ですか

マイクロソフト社が開発した顧客関係管理(単に顧客管理またはCRMとも呼ぶ)のシステムがDynamics 365です。関係管理と言っても、特別なシステムではありません。社内の顧客情報を一元化して、現場とマネージャーで、営業やサービスの状況を、簡単に把握できるようにします。エクセルの一覧より便利で、受注確度の高い見込み客を知ったり、売上の予測を行うこともできます。企業活動を支援するための強力な道具がDynamics 365のです。

世の中に様々な顧客管理の製品がある中で、Dynamics 365は以下の特徴があります。

  • 顧客との関係を全社一貫で強固に築ける、豊富な機能
  • オフィス製品(エクセル・ワード・アウトルック)との相性が抜群で、業務の効率化に直結
  • 強力なカスタマイズと外部接続機能で、将来の機能拡張や連携に対応
  • この分野でのトップシェア製品につき長期にわたり安心
  • リーズナブルな利用料(一人当たり一ヵ月数百円から)
STEP.02

Dynamics 365のライセンスを選びましょう

マイクロソフトよりいくつかのプランがDynamics 365として提供されます。それをライセンスと呼びます。

適切なライセンスを選ぶことはとても大切です。ライセンスの種類によって、毎月の支払額が変わります。ほとんどの企業では、部署や役職によって、必要機能(=ライセンス)が異なってきます。

ライセンスはいつでも変更できますので、まずは最低限のライセンスから導入して、必要に応じてグレードアップすると良いでしょう。

STEP.03

Dynamics 365の初期設定をしましょう

Dynamics 365のセットアップをします。いくつかの初期項目を入力して、利用者がCRMを使うための準備します。

  • システム情報(テナント名、アプリ)
  • 組織情報( 会社名、言語、会計年度)
  • 利用者情報(氏名、メールアドレス)
  • セキュリティ情報(組織図の設定、共有ルール)
  • 情報収集の項目作成(訪問時に収集すべきデータ)
  • 既存データの取り込み(取引先企業、取引先担当者)
STEP.04

Dynamics 365の営業支援を使いましょう

STEP.05

Dynamics 365の管理をするには?

STEP.06

Dynamics 365と外部システムと連携するには

ご質問・ご不明な点はありませんか?

分かりにくい、より深く知りたいなどご意見がありましたらお問い合わせください。
より詳しい分かりやすい情報をあなたに提供します。


プライバシーポリシーを確認して、チェックを入れてから送信してください。